マイナンバーが始まるとAV女優の仕事はどうなる?

2016年1月からマイナンバーが開始されます。副業が全部バレてしまう、など様々な憶測が飛び交っておりますため、ナイトワーク関連は戦々恐々している状況です。今回は、AV女優のお仕事におけるマイナンバーについての記事を掲載します。

マイナンバーが始まるとAV女優のお仕事はどうなる?

AV女優のお仕事とマイナンバーの関係性

マイナンバーとは?

マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。その番号を国が管理し、各個人の所得(収入・給料)を管理し、税金を徴収する事、社会保障を行う事を目的に導入されます。

マイナンバーとナイトワーク

AV女優のお仕事も含むナイトワークをされている方は、本職・副業、誰にも知られたくないという方が多いと思います。マイナンバーが開始されると、国がその副業を捕捉し、課税を行うため、身内や勤務先にバレてしまう可能性が高くなるという懸念材料がある関係で、働く方も業界の方も戦々恐々としています。しかし、出演先やその契約形式によって、今までと変わらなかったり、そういった税金関係での会社バレ・身バレを完全に防ぐ方法もあります。

AV女優のお仕事とマイナンバーの関連性

2016年1月以降のお仕事に関しては、「AV女優の契約形式」と「契約によって異なる税金の扱い方」そして「マイナンバーの関連性」も知っておくと安心して働くことができます。

ただいまAV女優求人wikiでは、マイナンバーの対策相談として、個別相談を実施しています。
マイナンバー個別相談

AV女優の契約形式

契約形式は、「業務委託契約」と「雇用契約(労働契約)」の2つに分けられます。この2つはそれぞれ大きく特性が異なりますため、必ず知っておかなければならない事です。

業務委託のAV女優契約

業務委託とは、働く女性は、個人のモデル活動(いわゆる「個人事業主」)として活動する旨を示す契約の事です。業務委託の場合、AVプロダクションや出演先は、2016年1月以降でも、マイナンバーの提示を受けなくても、業務を委託する事ができます。つまりこの業務委託契約の場合、マイナンバーの提示をしなくても大丈夫と見受けられます。
※しかし働くところによってはマイナンバーの提示を義務とする可能性もあります。それらは事前に確認する事をオススメします。

業務委託契約の税金に関する項目

業務委託の場合は、年間の報酬金額を個人事業主として自分で税務署に申告します。申告したその年の6月頃、区市町村から納税義務者に納付書が送られて税金を納めるのが本来の形となります。その事を普通徴収と言い、普通徴収の場合、ナイトワークとは別に本職があったとしても会社に知られる事はありません。
ちなみにぶっちゃけると、ほとんどの人が無申告、あるいは方法が分からず放置というのが現状で、それで何も起こらなかった人、追加徴税が来た人と、さまざまです。その辺りの実情は、マイナンバーの開始前も開始後も特に変わりはありません。

業務委託契約の税金に関する項目(会社編)

税金申告をしていない会社

そもそも働いている会社が無申告だったとします。その会社と業務委託契約はしていても、会社自体が税務署に何にも申告していないので、例え自分が無申告だったとしても、自分自身の存在と報酬が知られる事はほとんどありません。これらの事柄は、マイナンバー開始前・開始後も特に変わりません。

税金申告をしている会社

税金を申告する際には誰々に幾ら支払ったの記載はされていますので、自分自身が無申告だった場合は、税務署に知られ、申告するように連絡が来たり、追加徴税を課される場合があります。これらの事柄は、マイナンバー開始前・開始後も特に変わりません。

業務委託契約によるAV女優の仕事とマイナンバーの結論

マイナンバー開始前と開始後でも状況は今までとほぼ変わりなし

  • マイナンバーの提示をしなくても基本的には働ける(要確認)
  • 副業がバレにくいのは、マイナンバー開始前と開始後でも変わりなし
  • 税金に関する事も、マイナンバー開始前と開始後でも変わりなし

雇用契約(労働契約)のAV女優契約

AVプロダクションに所属していて、現時点で、報酬から所得税が引かれていたり、または源泉徴収票が発行される場合、今までと同様に課税されます。もしこの状態で源泉徴収票をもらえず、課税もされていない場合は、税金名目で雑費を引かれているだけかもしれません。

雇用契約(労働契約)の税金に関する項目

雇用契約(労働契約)の場合は、年間の所得金額を、会社(AVプロダクション等)の従業員として会社(AVプロダクション等)が税務署に申告します。そうなると昨年の所得(本職が別にある場合は、税務署がそれぞれの所得を合算)し、お住まいの区市町村により、翌年の住民税額など決めていきます。その決まった住民税などを自動的に給料から差し引く事を特別徴収と言い、特別徴収の場合、その差し引かれる金額から副業をおこなっている事がすぐに知られます。副業を禁止している本職であれば解雇の可能性がありますので注意が必要です。しかし、雇用契約を結んでいるAV業界では少数です。

雇用契約(労働契約)の税金に関する項目(会社編)

税金申告をしていない会社

そもそも働いている会社が無申告だったとします。その会社と雇用契約(労働契約)はしていても、会社自体が税務署に何にも申告していないので、例え自分が無申告だっ たとしても、自分自身の存在と報酬が知られる事はほとんどありません。これらの事柄は、マイナンバー開始前・開始後も特に変わりません。

税金申告をしている会社

会社が税金を申告する際に、自動的に税金申告をしますので、自分が手続きしなくても自然と課税されます。これらの事柄は、マイナンバー開始前・開始後も特に変わりません。

雇用契約(労働契約)によるAV女優の仕事とマイナンバーの結論

税金無申告の会社を除き、働くにはマイナンバーの提示が必要

  • マイナンバーの提示が必要と言われたら、雇用契約と考えて良い。
  • マイナンバーの提示が必要の場所で働く場合、副業の場合は知られる可能性が非常に高いため、慎重に考えて行動する事。

AV女優マイナンバー相談

記事には掲載できない内容も一部ございますのと、状況に応じて対策も違います関係で、マイナンバーに関することの対策相談&個別相談を実施しています。気になる事が御座いましたら、お気軽にご相談ください。

AV女優マイナンバー相談

AV業界について

昨今のアダルト業界は、昔とは違い、一般企業化している所が多いです。しかし、一部では出演料の未払いをおこなったり、出演女性を騙したりしています。もしも求人情報を見て気になるAVプロダクションがあれば、電話やメールで軽く話を聞き、その対応の雰囲気を感じる事が大切です。
雰囲気が合いそうであれば、話を聞く為にも、一度面接をおこなう事をオススメします。(AV女優という女性を扱う職業柄、女性の性格・容姿・スタイル・年齢などによって、報酬や契約内容が異なります。)
もしもAV女優のお仕事に興味があって、仕事内容がイマイチ分からない場合は以下のコンテンツをお役立てください。

AV女優の求人に関する豆知識

AV女優求人相談

AV女優求人相談案内AV女優求人wikiでは、2分で最適な高収入AV求人を探せる最新求人アルゴリズムを搭載しておりますので、ぜひ一度お試しください。

AV女優契約

AVのお仕事=契約になりますため、これから契約を行う方は要点をチェックする事をオススメします。

AV出演契約

AV女優求人のオススメ情報

1日10万円以上の脱がない!舐めない!触られない!のAVアルバイト

1日10万円のAVアルバイト

契約金1000万円、1年以内3000万円の稼ぎを目標!AVアイドル求人情報

契約金1000万円AVアイドル募集

AV関連ニュースの掲載内容について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA